スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


八ヶ岳南麓観光ドットコム

 「八ヶ岳南麓観光ドットコム」・・・「法人」認証に向けた行程もいよいよ最終段階に入る。「縦覧」期間が終わり、「審査」期間が始まるのだ。
 八ヶ岳という「山」あっての観光、八ヶ岳高原という「高原」あっての観光という観点。さらに言えば、現状のままいわゆる「開発」が進めば、「山が泣き、高原が滅びる」という危機感を抱き、真摯に自然環境と高原景観に調和した観光の活性化を追求するというわたくしたちの思いが、審査を行う方々にどのように伝わり、評価されるのか。
 
 東京からこの地に骨を埋める覚悟で移住してきた29年前から遡ること8年余り。文学をはじめ藝術から与えられたわたくしの高原のイメージを完璧に満たしてくれた、この八ヶ岳・清里へ通い詰め自然景観を見続けてきた者にとって、率直に言って、近年の「開発」の波は激しく、かつ乱暴であり、本当に、「憂い」を抱かざるを得ないのである。

 この進行形としての現状は、真正面から自然保護・環境保護を訴える人々ならずとも、わたくしたち「観光」を営む事業者たちにとっても、「死活問題」である。「山が泣き、高原が滅びる」事態のこれ以上の進捗は、なんとしても防がなければならない。その「開発」が「観光」の名に於いて為されるのだとしたら、それは、端的に言って「自殺行為」である。「観光」事業に携わる人々こそ、人と自然の健全な交流を求めて、今、動き出すべき時であろう。

 このような思いを抱くわたくしたちは、「八ヶ岳南麓観光ドットコム」が、NPO法人として「認証」されることを、本当に、心の底から祈って、結果を待っているのである。 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM