スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


暑さ、寒さも、彼岸迄

この1ヶ月、次から次へと、4度も、私とReiの「K&R工房」によるプロジェクト−−−八ヶ岳南麓を観光面で活性化させること、そのための、「清里/八ヶ岳への、ペットと旅行・総合情報サイト:八ヶ岳南麓ペット.com」の立ち上げ−−−に、降りかかる火の粉を払いのけるべく、必死の闘いを続けてきたのだったが、ようやく、昨日、一応の決着をみることができた。それも、極めて高いレベルでのランキングに於ける成績を実現するという嬉しい結果を生んで。
そして、今日も、その喜ばしい成績はキープされ、さらに上昇傾向にある。実は、まだ、或るSEO対策を施した最新のデータは検索エンジンによって巡回されていないので、今後さらに好結果が出ることが期待されるのだ。

という次第で、昨日、今日と、この1ヶ月間続いた不安と疑念に苛まれた精神的緊張が一気にほどけて、やっと、彼岸の日を穏やかに過ごす日常生活が戻ってきたのである。
もちろん、プロジェクトの実務作業自体は、引き続き実施していくことになるわけだが、嵐の中での舵取りではなく、八ヶ岳高原の雄大で豊かな自然の恵みを十分に感じ取りながら、そして、愛する猫たちと戯れながら、という中でのまずは順風満帆の航行ということになるだろう。

暖かい春の陽射しを身に浴びながら、素敵な高原ライフを、家族皆で、欲張らずに、平穏に過ごしていきたいと思っているところである。
そう、明日は、今が見頃とばかり咲いているクロッカスでも、猫をお散歩させながら、デジタル一眼レフカメラで撮影してみることにしようか・・・。


心地よい疲労感

今日は午前中、約束通り、我が家の愛猫のお散歩組さんの4にゃんと、庭でお散歩とひなたぼっこを楽しんだ。
Reiは、まだ重要な残務処理があるとかで、ご苦労様だった。

私も、本当は、まだ慢性睡眠不足はもちろん解消されてはいないし、多少、頭のクラクラ感があったのだが、心身に不快な感じは全くなかった。
こうしてみると、慢性疲労、慢性眼精疲労、慢性睡眠不足といった原因に、実はストレスもかなり影響していることが分かる。

今日は、久しぶりに、我が家の庭から富士山を眺め、アルプスを眺め、奥秩父を眺め、そして八ヶ岳を仰ぎ見て、まさに春そのものといった感じの暖かい日溜まりで、愛猫たちとのほんわかした時間を過ごすことができた。やっぱり、こういうのどかな時間は必要だ。

あとから、仕事を完了したReiも加わり、カノンとフーガは早速マッサージをしてもらって、ご機嫌だった。
ただ、本人のReiが、今日はちょっと食欲が減退気味だったのが気になる。今夜は早めに床に就くよう進言しよう。

「八ヶ岳南麓ペット.com」のトップページのアクセスがいつもより伸びている。案内状が届いて、早速アクセスしてくださっているのだろう。有り難いことだ。
それに、YAHOOやGoogleやgooなどの検索ランキングも、依然として快調だ。いざ皆様にご覧戴く日になって、ガタンと大幅にダウンしなければいいがと案じていたので、ホッとした。

さて、明日は、ペンションのほうで、ご家族連れのお客様をお迎えする。私もじゅうぶんな睡眠をとって、体調を整えてお迎えしなければ。

昨日は、体調不良でダウンする

昨日の午後3時過ぎ頃から、急に頭がクラクラし出して、ダウンした。が、まだ目眩はそれほどではなかった。ただ、若干の吐き気があったのと、軟便に見舞われた。それに、ベッドに入って、仰向けに寝ると、やはり枕の下から引っ張られるような感じで、頭が沈み込む感覚があった。血圧は下が88と、いつも70台前半なので、私としては高めだったが、何年か前に倒れた時のように、血圧が原因という程、高いわけではない。

実は、去年の9月9日以来の事で、5ヶ月ぶりだ。尤も、もっと軽い症状を入れると、この間に何度かあったが。去年の9月9日の時は、嘔吐も2回あり、目眩も天井や壁がぐるぐる回転するほどの状態だったから、昨日はそれに比べるとだいぶ楽だった。何度かの体験で、前兆もつかめ、早めの適切な対処を施しているせいだろう。

原因は慢性過労の上に眼精疲労が重なり、そこに睡眠不足が加わっているところへ、昨日の場合は、ちょっとした力仕事が引き金になったのだ。
今回の場合も、体調が低下してきたなと感じるところがあったのに、少し無理して睡眠不足になったことで無事切り抜けるというわけにはいかなかったのだ。
やはり慢性疲労と眼精疲労による体調の悪化が自覚できた時点で、十分な睡眠をとるべきだった。それを逆に、睡眠不足になる仕事をしてしまったのが災いした。
まあそれでも、点滴1本に匹敵する栄養剤を飲んだり、目薬をさしたりなど気を付けたお陰で軽く済んだのだろう。

今日は食欲も戻り、母に呆れられた。午後には、嬉しい来客があり、気分よい時間が過ごせた。が、念のため、パソコンは今日はこの位にして、早めにベッドに入ることにしよう。週末には、また嬉しい来客との再会がある。その時ダウンしては大変だ。

それにしても、追い込み作業で忙しい妹が、母とともに、いろいろ世話を焼いてくれた、有り難いことだ。彼女も、昨日は作業のトラブルに見舞われて心身、疲れがあったろうに。感謝だ。
それから、わが愛猫のジーグが、心配して、ずっと私の横に添い寝をしてくれていた。きょうも午前中いっぱい、添い寝をしてくれていた。ふだん、単なる昼寝などの時はそんなことしないのに、ジーグは、私が体調を悪くして寝ると、必ず、添い寝をしてくれる。可愛い猫だ。


遅ればせながら・・・

本当に遅ればせながら、やっと年賀状を書いた。年賀葉書自体は発売日直後に購入していたのだが、昨年末は連日、我が人生において最も超多忙な生活を送っていたこともあり、新春を祝うという気分も生まれず、そのまま新年を迎えてしまったのだった。
そして、今日、やっと年賀状作成と印刷の作業を行ったのだが、作成のほうは意外に簡単に完成した−−−これだったら、年内にできたのではないかという反省も生まれる−−−のだが、印刷でトラブルが発生した。

途中で写真が斜めに印刷され始めたので、強制的にプリンタをoffにしたのだが、これがいけなかったのか、その後、数秒後に勝手に電源onになるというトラブルに見舞われたり、宛先に応じて文面を変えたファイルを用意したにもかかわらず、最初に印刷したファイルがそのまままた印刷されるというトラブルに見舞われた。
いったん電源をoffにしたり、コードを抜いたり、USB接続も外したりといった対処を試みたのだが、それでも、また最初の文面のファイルが印刷されるという始末。・・・結局は、タスクトレイに入っているアイコンをクリックしたら、ドキュメントのキャンセルという項目があり、それを指定することで解決できたようなのだが。
それにしても、電源をoffにしても数秒後に勝手にonになるというのはなぜなのか、いまだに原因が不明だ。と書いて今思いついたのだが、もしかしたらドキュメントがメモリに残っていたことと関係があったのかもしれない。もし今度同じようなトラブルが発生したら、とにもかくにも、タスクトレイのアイコンをクリックし、ソフト上で対処することにしよう。

が、不幸中の幸いというか、殆どの年賀状は予定していた文面で印刷されていたので、明日でも、残りの数枚を改めて印刷することにしよう。

           ************

ところで今日は、「欽ちゃんの仮装大賞」の日だった。上記のトラブルのせいで、今夜は集中して見ることができず、いつものように、涙が出るほどの感動を体験できなかったのは残念だ。
私は、この番組が大好きだ。これを見ていると、「なんて、日本人は、純情で人がよく、まじめで、優しいのだろう」と、いつも思うのだ。「蝉しぐれ」ではないが、日本人の心情の豊かさ、まっとうさに、いつも心を揺さぶられるのだ。
仮装そのもののおもしろさ、楽しさはもちろんなのだが、単にそれにとどまらない、日本人であることの喜びと誇りのような心情さえ感じるのである。

こうした善良で素朴な日本人が、再び、「侵略者」と罵られる事態が生じることのないよう、平和を大切にしたいと、心からそう思う。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM