<< 「八ヶ岳南麓ペット.com」のご挨拶状−−加筆 | main | 美しい夕陽! >>

スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


立春と暖冬−−地球温暖化の真相

昨日2月4日は立春。だから暖かくても当然とも言えるが、しかし、実際は、ここ八ヶ岳高原(南麓)では、冬の間でも最も寒さが厳しい時期である。

水道管の破裂防止のために、毎夜、外の元栓を閉め、ボイラーの電源をoffにして、お湯側の蛇口から一晩中水を流しっぱなしにしておく時期だ。
ところが、今年は昨年以上に、暖冬だ。暦のとおり、春が来たかのような暖かい日が続く。

私は、実は一昨日まで、この暖冬は、地球温暖化現象だと思い、その地球温暖化とは、地球の長い歴史的循環の現れだと思っていた。
が、我が家の家族皆が大好きなNHKの「週刊こどもニュース」を見ていたら、実は、現代は、地球にとって、寒冷期に入っているのだと知った。暖冬などとんでもないはずの時期なのだそうだ。

つまり、地球温暖化は、あくまで、人間の生活形態の総和として、人為的に起きている現象なのだそうだ。
天然の成り行きを全く逆転させてしまうほど、人間の生活が、偏ったものになっているということなのである。

暖冬は、寒さの厳しい高原暮らしという観点から言えば、生活が楽になるので、有り難いという側面があるのだが、しかし、そのぶん、異常な気象現象が世界中に数多発生していることを考えると、それも、実は天然現象ではなく、人為的現象だということを考えると、喜んでばかりはいられない。

世界の秩序を己の手で保つと誇示するどこぞの国は、その地球温暖化現象の原因を作っている責任を最も多く負うべき国である。京都議定書をも無視したが、とんでもない話だ。世界の秩序をと本気で思っているのなら、その秩序を自らが先頭に立って破壊している事実を直視すべきだろう。

とまれ、暖冬のツケが心配になる。美しい日本を守るためには、いたずらにナショナリズムを高揚させる方向ではなく、どこぞの国に、きちんともの申すことができる方向でこそ、志を抱くべきなのではないか。

スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • 20:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/02/08 3:49 PM
地球温暖化は人類にとっての試練であると言えるでしょう。この宇宙には同じような試練を抱えた文明社会がたくさんあるものと思います。そして、このような試練を乗り越えられずに滅んでしまった文明もあることでしょう。
人類もそうならないように、国や人種、宗教の違いなどで対立している場合ではないことに、一刻も早く目覚めるべきです。
このような文明社会における試練を全て乗り越えた知的生物がいるとすれば、今日の我々人類の行いはなんと下等かと思われるでしょうね。
  • JUN
  • 2007/02/06 12:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM