<< NPO登記に向けて、実務作業スタート! | main | NPO専用の名刺を作る >>

スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


危機一髪もしくは絶体絶命の窮地

 12日の月曜日の事。東京の司法書士さんに、登記申請のための書類一式を郵送するために、まず大泉総合支所に向かった。印鑑証明を取るためだ。
 そこで、事件は起きた。「印鑑証明を戴きたいのですが」とわたくし。担当の若い女性が「はい」と明るく返事をくれてパソコンの前に座り、なにやら打ち込む。「あのー、要さんは印鑑登録されていません」との返事だ。
 「えー、そんな馬鹿な! だって、何度も印鑑証明を戴きに来ていますよ」
 そこへ上司の女性が聞きつけて、「最近カードになったのですが、その手続きをされましたか?」「えー、そんな話、聞いていませんが」
 「実印はお持ちですか? では先に印鑑登録をしましょう。免許証を見せてください」
「車いま乗っていないので。保険証なら持ってきましたけど」「顔写真があるものでないとダメなんです」
 彼女の話によると、こういう場合、本人確認のための通知書なるものを自宅に郵送して、それを受け取ったら、本人であること証明してくださる誰か既に印鑑登録をしてある人に同伴していただいて、手続きを取る仕組みになっているのだとか。

 が、こちらにはそんな悠長な時間はない。認証通知が届いてから2週間以内に登記を済まさなければならないのだ。役所からの通知が届くまでに2,3日もかかっていたのでは、話にならない。まさか少々の遅延で、認証が取り消されることもあるまいとは思ったが、何せお役所仕事、規則遵守の立場を取るところだから、やっぱり不安は募る。
 土壇場で、強烈なパンチをくらったようなショックを受け、頭と心の中は、半ばパニック状態に陥った。このままでは、今までほぼ10ヶ月以上も費やしてきた努力が水の泡と帰してしまう。とにかく、何とか、現状を打開しなければ。

 「NPO法人の申請をするために必要なのですが、その登記期限があと1週間に迫っているのです。なんとか、今日中に印鑑登録と印鑑証明を完了させることはできませんか?
その方法を教えていただけませんか?」と食い下がる。
 担当の女性は、暫く考えて、「では、今この場に、本人であることを証明してくれる印鑑登録も完了した人に来ていただけることはできませんか? どなたか、いらっしゃいませんか?」と譲歩案を出してくれた。
 そこで、妹と相談して、パ○工房の○○龍史さんなら、今お昼直前の時間なので、何とか、来ていただけるかもしれない。とにかく連絡を取ってみようと、携帯を取り出した。実は、これもラッキーだったのは、ふだん、Reiと一緒に外出する時は携帯は持って出ないのだが、このときは、なぜか、ジーンズの左ポケットに携帯が入っていたのである。
 で、すぐに電話してみると、なんと、これもラッキーなことに、隆史さんが、実印をたまたまお店に持ってきていたのだ。事情を話したら、多忙のなか、快く、こちらに向かってくださることになった。
 
 という次第で、その場で、印鑑登録と印鑑証明の手続きを済ませることができ、その足で、近くの郵便局に行き、東京の司法書士さんに必要書類一式を速達書留で郵送することができた、という次第である。
 本当に、冷や汗タラタラ、焦りまくった衝撃の体験であった。 

スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • 15:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
猫旦那様
レスありがとうございます。

期限のある状況でしたので焦りまくりましたが、冷静になってみると、奇妙な体験をしたと思います。^^;

1は、たぶん、役場から文書が来ていたのだと思います。わたくしが見落とした可能性もあります。(>_<)

2は、同感です。以前に登録したものが抹消されてしまっていたというのは納得できませんよね。あらたに印鑑登録される方については、新方式を採用するのは結構ですが、既存の登録については、そのまま役場サイドで自動的にカードに移行してくれればよいですよね。

わが地元の役場の人たちは殆ど皆、真面目で住民への接し方もよく、わたくしは好感を抱いているのですが、システムの作成の段取りという点では、より合理的な対処を求めたいところですね。
  • kana@八ヶ岳高原
  • 2008/07/18 1:14 PM
このやりとりでの行政の問題点・矛盾点
1. 最近カードになったことが、住民に全く周知されていない。
2. 印鑑証明を取る方法が変わっただけなのに、なぜ印鑑登録自体がなくなってしまうのか。再度登録する必要はないはず。
3. この場合、従来の方法で印鑑証明を出してもらい、そのとき一緒にカードを作ってもらうのが当然です。そもそも「印鑑証明はカードで」というお役所の都合による変更のために、なぜわざわざ手続きに行かなければならないのか納得できない。

市に回答を求めてみてもいいかもしれませんね。
  • 猫旦那
  • 2008/07/17 9:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM