スポンサーサイト

  • 2009.11.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


都市災害と森の開発

 前日に全国ニュースになるほどの大停電となった山梨に続き、今度は大東京で集中豪雨による災害が発生した。専門家は、「雨でも雨合羽がいならない、長靴がいらない、そういう快適さを求めて都市開発が進められてきた結果だ」と指摘し、開発思想の在り方に疑問を呈していた。
 
 翻って、わが愛する八ヶ岳高原に於ける森の開発はどうだろうか。都市生活者が田舎暮らしに憧れること自体は、私個人的には大いに共感できるし歓迎したいのだが、開発される森はどう思っているだろう? 森にとってはどういう意味をもつのだろう?

 このまま森の開発が進めば、いずれ、自然からの報復、しっぺ返しがくるのではないかと、私個人的に不安を抱いているのもまた事実である。

 永住者にせよ、別荘生活者にせよ、森の開発と言っても、山岳地帯には入り込めず、まだ膨大な森林地帯を残しているので、自然災害の観点から言えば、現状の、すなわち、標高1400m以下の森の開発くらいでは、危険は生じないという見方もあるだろうが、しかし、本当にそう断定できるのだろうか? ここ八ヶ岳高原に於いては、飽和状態に達している、少なくとも限りなく近づいているのではないだろうか?

 私たちNPO法人に於いては、今後の課題として、専門家にコンタクトを取り、学術的・科学的立場からの調査や研究を促すことを、私個人として「会」に提言したいと考えているところである。
 
 災害が発生してしまって、「想定外だった」とか、「二度どこのような事が起きないように努力したい」という決まり文句は、聞きたくない。
 日本のいずれに於いてもそう願うものであるが、それは私個人、またわたくしたちNPO法人の及ぶところではないのでこれ以上の言及はとどめるが、しかし、せめて、私たちが愛するこの地、八ヶ岳高原に於いては、NPO法人八ヶ岳南麓観光ドットコムとしても、できる限りの事を今から行っていきたいと思うのである。

NPO法人専用の口座を開設する

今日、多忙な中、時間を作って、金融機関に赴き、NPO法人専用の口座を
開いた。この手続きがなかなか複雑で面倒だった(印鑑の使い分けなど)が、
なんとか、真新しい通帳を手にすることができた。
これからは、この通帳を使って、お金の出し入れを行うことになる。

ついでに、NPO専用口座をネットバンキングで利用するための申請も
行った。これは利用できるまでに多少の日数を要するようだ。

こうして、また一つ、NPO法人の活動に形ができたことになる。

八ヶ岳の自然と風景との素敵な出会いを!

8月の最初の土日を迎えて、いよいよ、八ヶ岳高原の夏も本番だ。
旅行の楽しみ方はいろいろあり、それを一色に押し付ける気は全くない。
だが、せっかく、一般の観光地とは異なったオーラをもつ八ヶ岳高原に
いらして下さったのだから、ぜひ、その独自の自然景観と高原の風情を
満喫していただきたいと願う。

時々、あの清泉寮の大地に身を置いて、「何ここ? なんにも無いじゃないか、
何して遊べって言うんだ?」という声を耳にすることがあるが、
いわば清里の聖地のような清泉寮の自然環境と高原景観のオーラを
感じていただけないのは、残念至極である。

あそこには、空、山、草原、澄んだ高原の空気、マイナスイオン、
そして日本離れした西洋風の希有な美しい風景と・・・、全てがあると
言って過言ではないと思う。
ただ、本来あの地にあるもので、観光シーズンには得られないものと言えば、
「静寂」だろう。その点は残念だが、昔から、「知る人ぞ知る」地として、
「聖地」のように愛されてきた自然・風景を、心に感じて戴きたいと
切に願う。

強力な助っ人が、賛助会員に!

NPO法人八ヶ岳南麓観光ドットコムに、強力な助っ人が賛助会員として加入して
下さった。根っからの地元住民の方で、村会議員も3期務め、その間議長も歴任された
方だ。
村会議員選挙当時から、クリーンな選挙を行い、人望も厚い方だ。

わたくしとの付き合いも、29年になる。「よそ者」のわたくしにも、全く何の
隔たりも作らず、実に親切に好意的に接してくださってきた。

現在のお仕事などの事もあり、賛助会員という形で、われわれをサポートして
くださる。
これから何かと地域住民の方々、とりわけ地元住民の方々のご理解と協力を
賜らなければならない事が生じてくると思われる。
そんな時、実に頼りになる方が、賛助会員として、バックアップしてくださることに
なったのは、たいへんに有り難く、喜ばしい限りだ。

登記完了届けを郵送する

今日、過日認証されて登記も完了したNPO法人の登記完了届けなるものを、
県庁の担当部署に郵送した。
以前はわざわざ提出に赴かなければならなかったようだが、今は、その点、
ずいぶんと融通の効くお役所仕事だ。

これで、まずは、認証から登記に至るNPO法人設立の諸作業は完了したことになる。
あとは、公認会計士さんに、税務署関係の手続きを行っていただくだけだ。

NPO法人設立に関しては、いろいろ面倒なことが多いと聞いていたが、たしかに、
そうした面はあったが、でも、わたくしには、優秀で親切な弁護士さんがついていて
下さっていたので、ずいぶんと楽をさせていただいた。

一発で、認証→設立と相成ったのは、その弁護士さんあっての話。
今度は、NPO法人として、公益活動を積極的に行い、皆様のお役に立たなければ
いけないし、弁護士さんの働きにもお返しをしなければいけない。

「電子会議」は、便利だ!

まだ最少人数で活動開始となったわがNPO法人「八ヶ岳南麓観光ドットコム」だが、
実際に日々、メンバー同士の交流をどうするか、は課題の一つだった。
メンバーは山梨県内に限らず、東京都民もおられるし、県民でも、甲府市民もおられる。
また地元八ヶ岳南麓住民であっても、それぞれの営業時間帯・休日等が異なり、一同が
会して、情報交換なり、意見交換なりをするわけにはいかない。

そこで、監事で弁護士の○○○○さんが、メーリング・リストの活用を提案して
下さった。
以前、猫関係のメーリングリストを主宰したことはあるのだが、時代の変化は
激しい。
あれこれ探した中で、googleで、グループというシステムを発見。これが
なかなかよろしい。まだ、ベータ版のようなところがあるが、ビジュアル化も進んで、
書くのも見るのもなかなか楽しい仕様になっている。

ネットをフル活用していくことを事業計画としてもうたっているわがNPO法人に
ふさわしいメディアだ。

近々新会員に入会してくださるMさん、Kさんにも、ぜひ活用していただこう。

NPO法人の謄本届く!

今から30分程前に、郵貯の赤い車が庭に入ってきた。
書留郵便だ。
早速、封を丁寧に切って、中身を確認する。
おや、謄本が無い! 戸籍謄本のように、謄本と明記された書類が無い!
一瞬焦る。
が、司法書士さんの送り状に書いてあるものは全て入っている。
ならば、謄本だって、あるはずだ。

ちょうど、NPO法人専用に通帳を作成する必要があったので、
銀行に必要書類の確認の電話を入れてみた。
すると、「履歴事項全部証明書」というものが謄本になります、と。

そうなんだ、いわゆる謄本とは書かれていないが、これが、謄本なのだ。
改めて、書かれている内容を確認し、得心する。

ついに、登記完了だ!!!

長い、長い道のりだったが、ついにここまで到達した。
これも、監事役を担ってくださっている弁護士のすずゆみさんのお陰だ。
わたくしたち兄妹だけでは、とても、ここに至ることは適わなかったに違いない。

この場に於いても、改めて、感謝の念を捧げたい。

登記の完了

監事を引き受けて下さっている弁護士の○○○○さんからメールを戴いた。
司法書士の方から連絡があり、無事、登記が完了したとのことだ。
また一つ山を越えることができた。
謄本その他書類が整い次第、郵送されるそうだ。

NPO法人の設立そのものは、登記の申請日になるので、既に15日に
NPO法人「八ヶ岳南麓観光ドットコム」は、設立されたことになっている。
が、やはり、登記が完了の事実は、その事の証として、重く感じられるのである。

今週末にでも、謄本が届くのだろうか。そしたら、早速、県庁の生活県民課に
完了届けをすることになっている。これもまた、一山である。
が、とにかく、こうして一つ一つの事実が現実化して積み重なっていくにつれ、
NPO法人設立の実感が湧いてくる。

昨年のカレンダーのスケジュール表をみてみたら、既に7月頃に、規定の会員
10名が揃ったとあるので、1年以上の月日をかけた準備活動だったことになる。

嬉しい。今夜は早めに寝て、明日は、伸び放題になっている庭の草刈りだ。

NPO専用の名刺を作る

NPO八ヶ岳南麓観光ドットコムの代表名刺

NPO法人「八ヶ岳南麓観光ドットコム」専用の名刺ができた。
わたくしは、名刺を持つのは生まれて初めてだ。
ペンションのオーナーとしての名刺も作らなかったのだが、
今度は、NPO法人である。
これから様々な場所で、いろいろな方々とお会いすることになるだろう。

名刺がありません・・は通用すまい。

そこで、作ることにしたのだが、IT時代の今、パソコンから無料ソフトを
ダウンロードし、対応の用紙を購入して、作成した。
デザインは、妹でNPO法人副代表のReiである。

電話番号がまだ記載されていないが、登記が完了したら、NPO専用の
電話番号を作ることになるので、最終決定版は後日ということになる。

どうぞごらんくださいませ。




危機一髪もしくは絶体絶命の窮地

 12日の月曜日の事。東京の司法書士さんに、登記申請のための書類一式を郵送するために、まず大泉総合支所に向かった。印鑑証明を取るためだ。
 そこで、事件は起きた。「印鑑証明を戴きたいのですが」とわたくし。担当の若い女性が「はい」と明るく返事をくれてパソコンの前に座り、なにやら打ち込む。「あのー、要さんは印鑑登録されていません」との返事だ。
 「えー、そんな馬鹿な! だって、何度も印鑑証明を戴きに来ていますよ」
 そこへ上司の女性が聞きつけて、「最近カードになったのですが、その手続きをされましたか?」「えー、そんな話、聞いていませんが」
 「実印はお持ちですか? では先に印鑑登録をしましょう。免許証を見せてください」
「車いま乗っていないので。保険証なら持ってきましたけど」「顔写真があるものでないとダメなんです」
 彼女の話によると、こういう場合、本人確認のための通知書なるものを自宅に郵送して、それを受け取ったら、本人であること証明してくださる誰か既に印鑑登録をしてある人に同伴していただいて、手続きを取る仕組みになっているのだとか。

 が、こちらにはそんな悠長な時間はない。認証通知が届いてから2週間以内に登記を済まさなければならないのだ。役所からの通知が届くまでに2,3日もかかっていたのでは、話にならない。まさか少々の遅延で、認証が取り消されることもあるまいとは思ったが、何せお役所仕事、規則遵守の立場を取るところだから、やっぱり不安は募る。
 土壇場で、強烈なパンチをくらったようなショックを受け、頭と心の中は、半ばパニック状態に陥った。このままでは、今までほぼ10ヶ月以上も費やしてきた努力が水の泡と帰してしまう。とにかく、何とか、現状を打開しなければ。

 「NPO法人の申請をするために必要なのですが、その登記期限があと1週間に迫っているのです。なんとか、今日中に印鑑登録と印鑑証明を完了させることはできませんか?
その方法を教えていただけませんか?」と食い下がる。
 担当の女性は、暫く考えて、「では、今この場に、本人であることを証明してくれる印鑑登録も完了した人に来ていただけることはできませんか? どなたか、いらっしゃいませんか?」と譲歩案を出してくれた。
 そこで、妹と相談して、パ○工房の○○龍史さんなら、今お昼直前の時間なので、何とか、来ていただけるかもしれない。とにかく連絡を取ってみようと、携帯を取り出した。実は、これもラッキーだったのは、ふだん、Reiと一緒に外出する時は携帯は持って出ないのだが、このときは、なぜか、ジーンズの左ポケットに携帯が入っていたのである。
 で、すぐに電話してみると、なんと、これもラッキーなことに、隆史さんが、実印をたまたまお店に持ってきていたのだ。事情を話したら、多忙のなか、快く、こちらに向かってくださることになった。
 
 という次第で、その場で、印鑑登録と印鑑証明の手続きを済ませることができ、その足で、近くの郵便局に行き、東京の司法書士さんに必要書類一式を速達書留で郵送することができた、という次第である。
 本当に、冷や汗タラタラ、焦りまくった衝撃の体験であった。 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM